インターネットを使って不特定多数の人に呼びかける

ネットを利用することのメリット

インターネットを使って、自分の会社の商品やサービス、アイディアを発信することの最大のメリットは、24時間全国に宣伝し続けられることではないでしょうか。
カフェやサロンなどの実店舗になると、宣伝する場所は店舗周辺に限られますし、営業時間中の宣伝になるので、客層も絞られてきてしまいます。
寄付金を募るにしても、対面だと金額も低めですし、あまり堂々と寄付をする方も少ないので、中々集まりづらいと思います。
その点、インターネットであれば顔が見えないですし、寄付したことを他人にも知られることもありません。
全国に発信できるので、企画に共感してもらえれば、相当の額の資金になるでしょう。
また、自分の企画が世間にどう受け取られるかの市場調査にもなるので、試してみる価値はあると思います。

ネットを利用することのデメリット

ネットを利用することで、危険性はないかと言えば、そこは保証出来ないというのが正直なところです。
自分の企画を全国に発信することになるので、他社に企画を横取りされる可能性もなくもないでしょう。
あとは、確実性という面から見ると、銀行融資よりも低いと言えます。賛同者が沢山集まれば資金は調達出来ますが、賛同者が集まらないこともあるので、早急に資金が必要という場合にはやめておいた方が無難です。
さらに、資金が目標額に達しなかった場合、企画を続行出来なくなることもあるかもしれません。最悪、企画を打ち切ることになってしまった時、社会的信用も失われてしまうかもしれないということも、覚悟しておいたほうが良いでしょう。


この記事をシェアする